フラワータウンは代表的なフラワー協会認定校のフラワーアレンジメントスクールをはじめ、さまざまなジャンルのアレンジメントスクールが検索できます。

ぱぱっと検索!フラワータウン

ートフラワーの種類

アートフラワーの種類
アートフラワーは、素材によって 大きく3つの種類に分類することができます。 それぞれに特徴(長所・短所など) があるので、性質をよく把握したうえで取り扱うようにしましょう。

ポリエステル系繊維

ポリエステル系繊維の長所
アートフラワーの素材として最もポピュラーなのがポリエステル系繊維。
古くから造花用の素材として活用されており、種類も豊富に存在します。
丈夫でお手入れも簡単なので、最も扱いやすいといえるでしょう。
価格も安価なものが多く、数百円~数千円でかなり豪華な雰囲気のものを購入可能です。
型崩れしにくいため、長期の鑑賞にも適しています。
ポリエステル系繊維の短所
ポリエステル系繊維は発色が良いことでも知られていますが、
みずみずしい植物ならではの質感を完全に表現するまでには至っていません。
そのため、不自然さが目立ってしまうものも中にはあるようです。
ただ物によっては完成度が高い物もあり素材というよりは製造者の技術に
よる格差が大きいようですね。
お手入れの方法
ポリエステル系繊維は水洗いが可能です。
埃などは湿らせた布で拭き取るようにすると良いでしょう。
しつこい汚れは中性洗剤を溶かしたぬるま湯に浸けて落とします。
水洗いしたものは日陰干しして乾かしてください。

プラスチック系樹脂

プラスチック系樹脂は大型の観葉植物(樹木系)によく使用される素材として知られています。
高温に弱いので置く場所には注意が必要ですが、それほど扱いの難しい種類ではありません。
プラスチック系樹脂の長所
プラスチック系樹脂は緑系の発色が美しく、厚みのある葉の表現に秀でています。
濃い色合いの花についてはごく自然な表現が可能で、純白の胡蝶蘭など本物と見紛うような
仕上がりのアートフラワーもありません。
水洗いができるのでお手入れも簡単です。
価格も安価で、小さなものであれば数百円で入手可能です。
プラスチック系樹脂の短所
気温の変化に敏感で、高温の場所に長時間置くと変形してしまうことがあるようです。
変形してしまう恐れがあるので、高温のグルーの使用も控えた方が良いでしょう。
直射日光も色褪せの原因になるので避けてください。
表現に関しては、淡い発色に不向きとされ花の種類を選ぶ素材だといわれています。
お手入れの方法
軽い汚れは水拭きすることで落とすことができるます。
高温のお湯は変形を招く恐れがあるため、使用を避けてください。
また、変色の原因となるためシンナーなど溶剤を使用することもできません。

染め花用布

自然で美しい表現力が人気の染め花用布製アートフラワー。デリケートで高価な素材の
シルクやオーガンジーは最もリアルな仕上がりなので愛好家も多いです。
染め花用布の長所
染め花用布で作られたアートフラワーは優れた表現力で知られています。
発色、質感などごく自然で、アートフラワーの中でも特に繊細な表現に富んでいます。
一目見ただけでは本物の花と区別のつかない方も多いことでしょう。
リアルな仕上がりを優先するのであれば、
ぜひ染め花用布で作られたアートフラワーを選ぶようにしましょう。
染め花用布の短所
染め花用布で作られたアートフラワーは水洗いすることができません。
洗うと水溶性の糊や染料などが溶け出してしまうので、
変色・変形を招いてしまいます。染め花用布で作られた造花はかなり高価です。
小さなものでも数万円の作品が珍しくないので、
欲しくてもなかなか手が出ないという方が多いようです。
お手入れの方法
乾拭きは可能ですが、汚れを落とすことは難しいので、予防策をしておくのがおすすめ。
こまめなお手入れが必要な素材だということは覚えておきましょう。
コーティング用のスプレーなども市販されています。

おすすめアレンジメント作品

ワインを包む

壁掛け鳥かご

グラスアレンジ

ハートローズ

3大フラワーデザイン

代表格のフラワーアレンジメントについて解説します。