フラワータウンは代表的なフラワー協会認定校のフラワーアレンジメントスクールをはじめ、さまざまなジャンルのアレンジメントスクールが検索できます。

ぱぱっと検索!フラワータウン

良い花材の見分け方

花は花材にとって顔のようなもの。入念にチェックしてください。
花びらにしっかりと厚みがあって、みずみずしく発色の美しいものを選びます。
色が黒ずんでいたり、変色が見られるものは避けてください。
裏側も確認して、ガクの部分も見てみましょう。
先端まで張りがあって、形の美しいものは状態が良いとされています。
軽くふって花が落ちるようなものは長持ちしません。

傷や穴がないか、虫がついていないか見てみましょう。
葉が変色していたり、しおれているものは避けてください。

茎に傷がついているもの、折れているものは避けてください。
弾力があって緑の発色が美しいものがおすすめです。
触ってみてぬめりのあるもの、通常より柔らかいものは選ばないようにします。

新芽

新鮮な植物には新芽が芽吹いています。

シワ

茎や葉にシワのよっているものは避けましょう。
形の悪いものは見た目の印象も悪いのでおすすめできません。

完成像をイメージ

ある程度は完成像をイメージして、デザインにあった花材を選ぶようにしましょう。
簡単なスケッチをするのがおすすめ。

日光と気温

植物は種類によって必要な光量や生育の適温が異なります。
店頭ではどのような環境で育てられているのか、
そしてご家庭で同じような環境が用意できるのか、
把握した上で選ぶようにしましょう。

価格

相場と比較して高すぎるもの、安すぎるものは避けたほうが無難。

梱包

植物は非常にデリケート。できるだけ梱包のしっかりしたお店で購入しましょう。
特にネット上(通販)で購入する場合は重要なポイントになります。

おすすめアレンジメント作品

アーティサリー(フラワーアクセサリー)レッスン

リース

ウエディング

母の日

3大フラワーデザイン

代表格のフラワーアレンジメントについて解説します。