フラワータウンは代表的なフラワー協会認定校のフラワーアレンジメントスクールをはじめ、さまざまなジャンルのアレンジメントスクールが検索できます。

ぱぱっと検索!フラワータウン

ラワーに関する資格取得後の進路

フラワーデザイナー

お花の好きな方が夢の職業として挙げることも多いフラワーデザイナー。
その名の通り、花のデザイン(アレンジメント)を専門に行う職業です。

フラワーデザイナーになるには
専門学校などでフラワーアレンジメントを基礎から学ぶことをおすすめします。
もちろんセンスも大切ですが、デザイン、アレンジの構成などを知識として習得しておくことが求められます。
必ずしも資格を取ることが必要な仕事ではありませんが、日本フラワーデザイナー協会(NFD)の検定資格や「フラワー装飾技能検定」を取得しておくと役に立つでしょう。
仕事内容
結婚式場やレストラン、ホテル、各種イベントの会場など、様々な場で花を主体としたインテリアのデザイン(アレンジメント)を行います。
この他、広告類の作成や写真撮影などに協力する場合をはじめとして、フリーの立場で様々な依頼をこなすフラワーデザイナーが少なくありません。
就職先
フラワーデザイナーとして開業するか、あるいは関連企業(広告、デザイン関連)への就職が一般的。普段はフラワーショップの店員として働きながら、依頼を受ければデザインも行う(販売と兼務する)ケースもあるようです。

フラワーアレンジメントの先生

フラワーアレンジメントの講座などに参加しているうちに、「自分も先生として働いてみたい」と思う方がたくさんいます。
実際に、フラワーアレンジメントの先生になるにはどうしたらよいのでしょうか。
フラワーアレンジメントの先生になるには
フラワーアレンジメントに関する知識・技術を網羅していることが必要です。
独学で専門的なレベルにまで達することは困難なので、専門家から指導を受けるか、フラワーデザイナーとしての実務経験を積むなどする必要があるでしょう。
関連資格としては、フラワーデザイナー、フラワーデコレーター、フラワー装飾技能士などが挙げられます。
必ずしも資格の必要な仕事ではありませんが、有資格者のほうが生徒が集まりやすいのは確かです。
仕事内容
一般の方を対象に、フラワーアレンジメントの方法を教えます。
普段はフラワーデザイナーやショップの経営者として働きながら、副業として先生をするケースも多いようですね。
就職先
開業するのが一般的ですが、カルチャースクールの講師として雇用されることもあります。
デザイナーとしての知名度、実績があるか、もしくは関連資格の有資格者であれば、より多くの生徒を集めることができるでしょう。
開業するつもりであれば相応の営業努力が必要にはなりますが開業までのサポートが充実した協会もあります。

フローリスト

フローリストとは、いわゆる「お花屋さん」のこと。女性にとって憧れの職業の一つです。
花屋さんになるための具体的な方法や、仕事内容について見てみましょう。
フローリストになるには
ショップの求人に応募するか、もしくは個人で独立、開業する方法が一般的です。
いきなり開業するのは難しいので、まずはアルバイトからでも実務経験を積んだ方が良いでしょう。
並行してフラワーアレンジメントに関する資格などを取得しておくと、仕事に役立つ知識や技術を身につけることができます。
仕事内容
植物の管理、販売を行います。依頼を受ければフラワーデザイナーとして、ギフト作りや、結婚式場、飲食店、イベント会場などの飾りつけを行う場合もあります。
さらに、店頭での接客、購入者への配達、生産者からの仕入れ(あるいは自家栽培)など、仕事の内容は多岐に渡ります。
世間一般にイメージされているよりも、重労働であることが多いとされています。
就職先
ショップの求人に応募するか、ある程度の経験を積んでから開業するケースが一般的。
一人前のフローリストになるためには、相応の経験が要求されます。
一方、アルバイトであれば求人は少なくないので、まず実務経験を積み、自身の適性を見るのもおすすめです。

グリーンコーディネーター

自然との共生、緑への関心が高まってきたことで確立された職業の一つに、グリーンコーディネーターが挙げられます。
一般の方はあまりご存じないかもしれませんが、花に関心のある人々にとっては非常に人気の高い職業となっています。
グリーンコーディネーターになるには
専門学校で専門的な知識・技術を身につけることをおすすめします。
実務経験を積みたいのであれば、園芸ショップなどでアルバイトをするのもいいかもしれません。
資格が必要な職業ではありませんが、園芸装飾技術士やフラワー装飾技能士の資格を取得すると就職が有利になりますし、必要な知識も得ることができるでしょう。
仕事内容
植物によるコーディネートを専門に行います。
オフィスや商業施設に観葉植物を飾ったり、インテリアとして花のアレンジメントを行ったり、人々の集う場所に緑をもたらすことで、空間に癒しと安らぎを演出します。就職先にもとりますが、観葉植物の栽培・管理なども自力で行わなければなりません。
就職先
主な就職先は園芸店やフラワーショップ、植物リース会社、インテリア会社など。
開業してフリーで働くグリーンコーディネーターも少なくないようです。
ただし、独立する場合には競争に勝ち抜くだけの経験とセンスが求められるでしょう。

おすすめアレンジメント作品

アーティフィシャルフラワーレッスン

アーティフィシャルのブーケ

和アレンジ

3大フラワーデザイン

代表格のフラワーアレンジメントについて解説します。