フラワータウンは代表的なフラワー協会認定校のフラワーアレンジメントスクールをはじめ、さまざまなジャンルのアレンジメントスクールが検索できます。

ぱぱっと検索!フラワータウン

国フラワースクール資格

現在実にたくさんの協会と類似した資格がありますが多くの協会が趣味として楽しみたい方の為のコースと資格取得を目的とし、取得後はプロとして活動したい方の為のコースが設定されています。
資格取得後は、結婚式場でブライダルの仕事についたり、花屋さんをしながらフラワー教室をやるなどの兼業スタイルがあります。
資格の種類は、各協会が独自に行っている民間資格から国家資格となるフラワー装飾技能士などの資格があります。
認定試験はかなり難しく十分なレッスンが必要となり資格取得までにかかる資金も安くはないので楽しみの為だけに取るのはもったいないです。
取得後にはぜひフラワー業界で活躍していただきたいと思います。

フラワーアレンジメントとは?

フラワーアレンジメントとは花の色や形を活かして美しい配置することです。
花は香りを楽しんだり見る人の心を落ち着けてくれたりその空間を美しく演出してくれます。
フラワーアレンジメントは趣味として誰でも楽しめるものですが、お花関係の仕事に就くときや知識・技術を証明する目安として資格があります。
一般的に知られているのがフレッシュフラワーアレンジメント・プリザーブドフラワーアレンジメント・アートフラワー(アーティフィシャルフラワー)などですが今後も新しいアレンジメントが増えていくことが予想されます。

NFD日本フラワーデザイン協会

内閣府の許可を受けた日本では唯一のフラワーデザイナー資格認定機関です。
30年以上にわたり一律の基準をもって全国に統一した試験を開催し、多くの合格者を輩出した実績が認められ、一つの 技術的な基準として広く認知されています。
NFD公認校は全国で約500校あります。
公認校は資格検定実施権を所有しているので受験に必要な単位を取得すればそのスクール内で3・2級までのフラワーデザイナー資格を受験することができます。

DFAフローリスト資格認定協会

お花の業界で仕事をしたい方のサポートに力を入れている協会です。
フラワーアレンジメントの技術や知識を一定の基準で検定し、公証する資格認定試験を通じたフラワーアレンジメント教室など花に関する仕事の社会的・経済的地位向上を目的として活動しています。
認定教室で単位を取得後に試験に合格すれば認定教室として開講することが出来ます。
その他フラワーアレンジメント、プリザーブドフラワー、生け花を取得、した方、花の実務経験5年以上の方は、編入試験合格後公開認定試験合格をへて教室を開校できます。
コースによって規定単位がことなりますが年数ではなく、規定単位を取得すれば試験にすすむことができるので急いで資格を取りたい方も対応できます。

資格取得シミュレーション
JPFA日本プリザーブドフラワー協会

現在、理事校3校、認定校7校、認定教室190校、登録教室8校、会員数2000人を超えるプリザーブドフラワー業界トップの団体です。平成12年(2000年)4月プリザーブドフラワー専門の協会として設立されました。
コロンビア産の「フロールエバー」を使用したプリザーブドフラワーを使用した協会認定のディプロマ取得コースやエクアドル産大輪の花「グランロッサ」を使用したグランロッサコースなどがあります。

資格取得シミュレーション
JAFA日本アーティフィシャルフラワー

日本で初めてアーティフィシャルフラワーの正しい知識と確かな技術をカリキュラム化し、アーティフィシャルフローリスト®の育成を目的とした協会です。
アーティフィシャルフローリスト®は当協会の認定資格試験に合格された方だけに、与えられる称号です。
コースカリキュラムは、実用新案特許を取得した協会独自のものです。
アーティフィシャルフローリスト®として活躍していただくことを目的としています。

資格取得シミュレーション
フラワーデコレーター協会(FDA)

フラワーデコレーター協会(FDA)はフラワーデコレーションを普及し、
フラワーデコレーションの技術向上をもって文化に寄与する目的で1990年に設立された、全国規模のフラワー組織です。
「花を通した人との関わり」を大切に考え活動しています。
フラワーデコレーションの基本デザイン・カラーコーディネート・「花」の選び方等を身につけると同時に感性・創造力・表現力を身につけ、「花」の分野で活躍できる実力をもつこと。
FDAではこれらの知識と技術を伴った者をフラワーデコレーターと考えます。

資格取得シミュレーション

おすすめアレンジメント作品

生花センターピース

緑のアレンジ

インテリアブーケ

3大フラワーデザイン

代表格のフラワーアレンジメントについて解説します。