フラワータウンは代表的なフラワー協会認定校のフラワーアレンジメントスクールをはじめ、さまざまなジャンルのアレンジメントスクールが検索できます。

ぱぱっと検索!フラワータウン

3大フラワーデザイン

フラワーアレンジメントには、生花を使うものや造花を使うものがあり、
飾るシーンや状況に合わせたアレンジと花選びが大切になります。

フレッシュフラワーって何??

フレッシュフラワーとは新鮮な生花のことを差します。
長期保存は困難ではありますが、その時にしか味わうことのできない花本来の美しさ・質感・香りを楽しめることもありとても人気です。

メリット

デメリット

プリザーブドフラワーって何??

プリザーブドフラワーのプリザーブは「preserve」つまり保存する・維持するという意味です。
生花に対し人体に無害な溶液を使って、脱水・脱色・着色をして乾燥させるという作業を施すことで、生花の質感や色合いを長期間保存することが可能となります。

プリザーブドフラワーの魅力

好きな色に染色することができるので、生花には存在しない青いバラ(プリザーブドブルーローズ)などを作ることが可能です。
質感はドライフラワーのようなパリパリ・ぱさぱさ感がなく、しっとりとした状態を保つことが出来ます。
事前に用意しておけるので海外挙式や写真の前撮り、ブーケにもよく使われます。

メリット

デメリット

アーティフィシャルフラワーって何?

アーティフィシャルフラワーとは、生花をよりリアルに再現し、そしてさらに、生花には無い美しさを表現した≪高品質の造られた花≫です。
近年、欧米でも大変注目されていて、クオリティの向上もさることながら、生花には出せない 高い芸術性と耐久性 が、世界的に評価されています。
素材は主にポリエステル・ワイヤーで作られており、以前はシルクフラワーと呼ばれていた時期もありました。
水を必要とせず、枯れることも色あせることもないため、長くどんな場所でも楽しんで飾ることができます。

アーティフィシャルフラワーの魅力

丈夫で扱いやすく、どんなフラワーデザインも作ることができるので、アレンジだけではなく、壁掛けやブーケなど、水揚げが困難なデザインもすべてが可能になります。
特に、ブーケなどは壊れにくく、枯れないため、事前に用意し海外へ送ることも写真の前取りをすることができます。
また、ウエディングヘッドドレスやリングピローなど、色移りもなく軽量なため、人気が高まっています。
仕入れがしやすく、保管ができるため、スクール・ディスプレー・ウエディングなど、少ないリスクでビジネスをスタートできます。

メリット

デメリット


おすすめアレンジメント作品

アレンジ

ギフト

レカンフラワー

壁掛け鳥かご

リース

3大フラワーデザイン

代表格のフラワーアレンジメントについて解説します。